医療の巨大転換(パラダイム・シフト)を加速する――糖質制限食と湿潤療法のインパクト

内容紹介

統合医学医師の会の先生方も勧める治療法である「糖質制限食」や「湿潤療法」の啓蒙本です。
ぜひ、ご一読ください!

これまでの医学の間違いと、本当に治るための新しい医療の道筋が見えてきます!

これまでの医学は、発想の出発点を間違っていたのです。

つまり、全く新しい治療法にはエビデンスなんてないのが当然で、その新しい治療法が効くか効かないかは、患者の治癒を見れば分かるのです。

ダブルブラインドなど、他の治療法や多くの臨床効果を比べて、結果を測る統計は、実は医学の領域には向かない、という、当たり前なのに、これまで誰も、言及してこなかった新しい医学常識が淡々と述べられています。

(「統計」は差のないところに差を生む方法論で、物理や化学など、その前提条件として、母集団が超巨大で、その偏差が一定していることが必要なので、母集団が小さく、偏差が一定にならない、特殊な世界である医学には、統計処理は向かないのです。)

内容紹介

パラダイム・シフトはもう誰にも止められない!

医学は、異端が主流になる戦いの繰り返しで進歩してきた――。

「糖質制限食」と「湿潤(しつじゅん)療法」のカリスマ医師が、原因と結果を取り違えた非科学的な医学界に警鐘を鳴らし、新しい医学常識と良い医者の条件を明らかにした対談!

本書の主な内容

●専門医は自己批判できない
●歴史上の巨大転換「地動説」
●根拠がなかった医学常識
●原因と結果を取り違えている医者たち
●医者は科学を忘れている
●消毒は人の細胞を殺す
●傷を乾かすと細胞は干からびる
●カロリー制限食の限界
●生活習慣病に広く糖質過剰の影が
●大学病院から逃げてくる患者たち
●大規模な組織ほど変われない
●マスコミは新しい治療法の危険性を過大評価する
●巨大転換はバトルで加速する
●インターネットは巨大転換を10年で完了させる?
付記1 糖質制限食の考え方とやり方
付記2 湿潤療法の考え方とやり方