ガン治療革命

書籍内容

『ガン治療革命 ~最先端医療はここまで来た!予防&寛解のための最高の選択をする!~』(河出書房新社)

編著:小林 平大央( こばやし ひでお)

一般社団法人日本先進医療臨床研究会理事長、一般社団法人国際和合医療学会理事・事務局長。ガン難民・難病難民を救済すべく予防医療・先制医療・統合医療の普及活動を行っている。

監修:坂口 力(さかぐち ちから)

医師・医学博士。初代厚生労働大臣。元衆議院議員。東京女子医科大学顧問。日本先進医療臨床研究会特別顧問。国際和合医療学会特別顧問。

監修:白川 太郎(しらかわ たろう)

医師・医学博士。京都大学元教授。如月総研クリニック院長。日本先進医療臨床研究会顧問。ステージ3期以降の進行ガンに対する臨床専門医としてガン撲滅を目指して症例研究を精力的に推進中。

監修:藤田 亨(ふじた とおる)

医師。医療法人社団永徳会皿沼クリニック院長。日本先進医療臨床研究会顧問。難病治療において副腎疲労の解消や食事指導や服薬指導で多くの奇跡的な症例を持つ。

監修:陰山 康成( かげやま やすなり)

医師・歯科医師・医学博士。医療法人社団癒合会・高輪クリニックグループ代表。国際和合医療学会常任理事。日本先進医療臨床研究会顧問。臨床ゲノム医療医学会認定医であり医科・歯科の稀有なダブルライセンスドクター。

概要

・低体温と低酸素がガン化を促進する
・副腎疲労が免疫力を下げる!
・「ガン難民」を作る「混合診療禁止」の壁
・抗ガン剤がガンを増やしている衝撃の事実
・末期ガンの秘薬「安定化ヨウ素水」とは?
・最先端血液検査「白川式CTC検査」で、ガンの正体がわかる!

2人に1人が罹ると言われる「ガン」と診断されたとき、ガン3大標準治療(手術、放射線治療、抗ガン剤)というエスカレーターに乗れば寛解(病状が落ち着いており、臨床的に問題がない程度にまで治ったこと)できると思いますか?

実はガン患者さんの半数以上が「ガン難民」になり、苦しんでいると言われています。

その原因のひとつが標準治療しか選べない「混合診療禁止」という壁。

いかに予防するか、罹患してもステージに併せて適切な治療が選択できれば、ガンは本当は決して怖い病気ではありません。

そのために必要なのが正確な情報と、正しい生活習慣、検査、治療の実践です。

転ばぬ先の杖で、本書でガンについて学んでおくことが、あなたや大切な人の命を救うことにつながるかもしれません。

最先端医療はここまで来た!

予防&寛解のための最高の選択をする!ガン治療革命治療最前線

ガンエキスパート5人による治療最前線

保険適用・保険適用外の最新治療法の詳細データつき

ガンは不治の病ではない!

初期ガンから末期ガンまで、真のガン治療のすべてが分かる!