【動画】免疫活性度検査採血方法

免疫活性度検査採血方法

免疫調整療法は、2010 年にインターフェロンの発見者で世界的に有名な免疫学の権威である小島保彦博士と日本大学の桑原正人先生をはじめ、多くの免疫研究者によって提唱された治療法です。 現状の免疫状態を検査によって把握し、段階的にアンバランスを改善させていくものです。調整するための素材は天然 成分のサプリメントを中心にしているのが特徴です。 小島博士によると、「微妙で複雑な免疫システムを調整するには、効果の強い薬剤よりも天然素材のマイルドな作用の 方が向いている。」ということから研究が始まりました。今では免疫調整に特化したサプリメント3種類の開発に成功しています。 本治療法はまだ始まったばかりですが、既にアトピー性皮膚炎では特に高い効果をあげております。

免疫活性度検査採血方法

免疫調整療法における免疫活性度検査の採血方法を動画で説明します。

このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい .
会員で無い方は 会員登録はこちら
最新情報をチェックしよう!
>2030ガンゼロ運動

2030ガンゼロ運動

以前から皆様にお付き合い頂いています「世界からガンと難病をなくしたい!」という活動ですが、日本先進医療臨床研究会を、広報支援する団体として「ガン難病ゼロ協会」を新たに発足させる事になりました。
上記2団体の理念(=究極目標)は「世界からがんと難病をなくす事」ですが、当面の活動テーマは、「2030年までに癌で死ぬ人がゼロになる方法を探す」という活動を行います。
また、この活動の名称を、 「2030ガン難病ゼロ運動」と呼称する予定です。

CTR IMG